タヒボの有用成分や特許の情報をお探しなら「タヒボe」

022-772-6201
022-772-6201
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

タヒボの研究情報

タヒボは製品化されるまでに世界中でさまざまな研究がなされてきました。
その一例をご紹介していきます。

ブラジル・サンパウロ大学の故 アコーシ博士による研究

タヒボに関するアコーシ博士による研究

タヒボの秘められた力に目をつけたのは、ブラジル・サンパウロ大学の植物学者である「ウォルター・ラメダス・アコーシ博士」です。

故 アコーシ博士は他の博士とともに健康的な生活とタヒボの関係について50年以上にわたり研究を進め、さまざまな実験を行ってきました。故 アコーシ博士による大きな貢献の一つは、ブラジル・アマゾンの特定地域に生育する原木にのみ、有用性の高い成分が含まれていることを発見したことです。この発見から、数々の医師たちがタヒボ茶に注目するようになったのです。

故 上田伸一博士による研究(当時京都大学薬学部助教授)

タヒボに関する故・上田伸一博士による研究

故 アコーシ博士の研究結果を基に、当時京都大学薬学部助教授の故 上田伸一博士が、特定の原木にのみ含まれる成分についての詳細な研究を行いました。その結果、その成分は人の健康に力強い作用をすることが科学的に裏付けられました。
上田教授らの研究は、後に日本、アメリカ、中国、台湾にて特許を取得しました。

  • 日本 特許(特許番号:第2669762号)
  • 米国 特許(特許番号:第5663197号)
  • 中国 特許(特許番号:第93116259.9号)
  • 台湾 特許(特許番号:第092054号)
タヒボの特許情報 タヒボの特許情報
(※特許の期限は満了しております。)

近畿大学農学部 飯田教授による研究

タヒボに関する近畿大学飯田教授による研究

近畿大学農学部の飯田教授は、タヒボの有用成分の一つである「NQ801」についての研究を行っています。
無限の可能性を秘めたタヒボに注目して研究を進める一人であり、タヒボを人々の健康に役立てるために尽力しています。

「植物健康化学研究所」所長 濱田好信氏による研究

タヒボに関する植物健康化学研究所の情報

元近畿大学の研究員、現「植物健康化学研究所」所長である濱田好信氏は、タヒボと健康的な生活の維持に関する研究を行っております。

たとえば、年齢に負けない若々しさとタヒボ茶の相関性についてや、私たちが目指すべき健康的な生活のために、タヒボ茶はどのようなサポートをしてくれるかについて、日々研究を重ねているのです。

商品検索
商品一覧
選ばれる理由
お役立ち情報
その他